ホーム  >  SEIKEI住宅 不動産コラム  >  不動産コラム

「不動産コラム」の記事一覧(25件)

リフォームの事ならお任せ下さい!!
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/03/23 16:43

フェンスなどの工事をする際、皆さんはどういった基準で決めますか?
大きく分けると4つほどあるのではないでしょうか?
まずは、「デザイン」。
外構とはいえ、フェンスというものは敷地の一番外側。
敷地の境界線際に設置すると思います。
ですので、目にも止まりやすい分デザイン性が必要になります。
なので、家と外構の一体感を気にされる方は特にデザインを意識するでしょう。
その次は、「価格」です。
フェンスは、相当な数の品数があり、シンプルなものは安く
オシャレなものは、価格が高いイメージがあると思います。
しかし、比べてみると意外と金額の差というものはあまり無いです。
ですが、元々の金額が低いわけではないので、しっかりとカタログを見て
見積りを出して比べてみるのが良いかと思われます。
次に、「目透かし率」です。
目透かし率とは何かというと、例えばフェンスの梁の隙間が大きいと開放感が生まれ
敷地を広く見せながらでも、フェンスとしての役目があります。
隙間がなければ、開放感は減りますが、目線の防止、プライベート感が増したりと
人によって好みが変わってきますので、そこも重視される方多いと思います。
次に「通風率」です。
通風率とは、目透かし率と関係していて、やはり何もないところに
フェンスが立ってしまうと、当然風を受ける対象になります。
隙間が多い分、風から受ける衝撃はかなり和らぎます。
しかしそこが目透かし率と関係していて、目線の遮断を重視するか
風通しが良い方がいいのか、その部分も気になりますよね。
実際に、日本は台風が多い国と言われているので、夏になれば
連続で台風や、強風など災害があちこちで起きています。
フェンスも隙間が狭いと風の影響を受けやすくなるので、ちょっとした強風でも
壊れたりしてしまう恐れがあります。
なので、選ぶ時は、この4つの項目を意識しながら、地域性や立地を
加味して理想のフェンスを立てていければ、理想のマイホームの完成です。
そんなお悩みも、まとめて解消できるのが【自社施工】です!
実務経験豊富な社員が、寄り添います!是非お電話を!!

リフォーム
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/03/17 15:04

今回は、外構の中でも最近流行りだしている
ドッグラン」についてご紹介していきます。
ドッグランを一から作るとなるとかなりの大工事になります。
ワンちゃんの好みに合った地面にしたり、遊具やフェンス
逃げ出さない様に細かなところを気を付けないといけません。
今回は、芝を張ったドッグランに視点を当てていきましょう。
まず芝生はどんなものを選ぶべきか。
天然芝なのか、人工芝なのか、選ぶものは自由です。
天然であれば、本物の芝生ですので、成長します。
なので、定期的な手入れが必要とされます。
その面、人工芝はその名の通り人工的に作られたものなので
伸びる事はないですが、材質が天然に比べても硬いです。
ご自分の生活リズムに合った芝生を選ぶことをお勧めします。
天然芝生で手入れしやすい芝生が「高麗芝」という種類です。
これは他の芝よりも手入れが簡単で、ゴルフ場などで主に用いられます。
特徴は、耐暑性・耐陰性・耐塩性・耐乾性・耐踏圧性は高いですので
万能的な芝です。
その反面、寒さに弱く擦り切れてしまうと回復が遅い傾向があります。
1平米あたりの金額も2,000円~3,500円程度で購入できます。
反対に人工芝は、天然芝より耐久性が高く、メンテナンスも必要ない。
どこでも簡単に敷く事が出来るのが特徴です。
ただ、初期費用が高く、経年劣化で寝てしまったり、抜けてしまうことも。
一番ネックなのが、火気厳禁という事です。
やはり夏などにBBQや花火をしながら、ワンちゃんも走り回れたら理想ですよね。
人工芝だと引火性が高いので、火事の恐れがあります。
芝生は面倒くさいからいいと思っても、土のままであれば
ワンちゃんの足が汚れてしまう、雑草が生えてきてしまう、意外と
何もしない事の方が少ない気がしますよね。
なので、ワンちゃんの為にも過ごしやすいドッグランを
作り上げていきませんか?
是非ご相談だけでもお問合せ下さい!!

エクステリアのリフォームの注意点
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/03/08 16:26

新築の家や、新たにウッドデッキを設置する際に、何を意識しますか?
特に部材選びはとても悩むのではないでしょうか。
実際に、ウッドデッキを作るにあたって、どんなものが必要なのか
重要なものをいくつか例として挙げてみましょう。
まず1つ目は、ウッドデッキの中心になる木材です。
2つ目は土台となる基礎です。
3つ目は、部材同士の繋ぎとなる金物や、備品関係です。
今、簡単に3つの例を挙げていきましたが、この3つは
特に重要なものですので、適当に選ばない様にしましょう。
ただ木材を業者に発注すると、意外と高額であったり
業界用語で、理解しにくい部分も出てくると思います。
そういう時は、2×4木材(ツーバイフォー)の材料が
一番使いやすく、ホームセンターにも大体置いてあります!
土台となる基礎を選ぶ際には、まずウッドデッキの支柱を決めて
その大きさが合う、「独立基礎」というものを用意しましょう。
こちらは、コンクリート製品の土台になります。
形もさまざまで、台形の基礎が負荷に強いとされています。
最後に、繋ぎとなる接続金具や、ビス等です。
ウッドデッキは基本的に屋外に設置しますので、
雨ざらしになり、特に錆びやすいので、その分劣化も早い傾向です。
ですが、錆びにくいビスや、ステンレス製の接続金具もありますので
有効活用する事で長持ちさせることができます。
こういったウッドデッキを設立する場合も色んな事に
気を付けなければいけないことが分かったと思います。
そんな小さな悩みや、疑問があれば弊社にお問合せ下さい!!

マイホームのリフォーム
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/25 11:14

皆さんは、ご自身の家の外壁は何色にしていますか?
清潔感もあって見た目もいい色と言えば、「ホワイト」「ベージュ
大体この色が思い浮かぶと思います。
最近では、外壁を黒にする方も増えてきています。
黒にするメリットと言えば、外壁の汚れが目立たないのが黒の特徴です。
確かに外壁が黒色だと見た目もカッコよく存在感もありますよね。
ホワイトやベージュといった明るい色は、時が経つにつれ汚れも目立ちます。
外壁を少しでも長く綺麗に傷まなくする方法があるんです。
それは何かというと「屋根」です。

近年流行りだしているのが、
「軒ゼロ住宅」という形状の家です。

それは何かというと、見た目だけで言うと屋根がありません。
屋根がないわけではないですが、皆さんが想像しているあの屋根ではないです。
雨水などはしっかり流れるようにはなっています。
先程説明をした軒ゼロ住宅は、
屋根が外壁より飛び出していない分

雨水が直接、外壁を伝ってしまう為、
外壁の劣化が早い傾向があります。

なので、外壁を少しでも長く状態を維持するためには、
流行りを気にせず、屋根を作ることはとても大事なことです。
壊れてしまったり、ヒビが入ってしまっても軒ゼロ住宅と同じようになってしまうので
必ず、メンテナンスはこまめに行っていきましょう。
困ったときは、リフォームに力を入れている弊社にまずお電話を!!

住宅ローンにあたっての注意事項
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/21 17:18

過去住宅ローンに申し込んで落ちた人の特徴として自分の理想を追い求めて高価な家を購入しようとする傾向があります。当然自分の身の丈に合った物件を購入するべきだし背伸びしても仕方ありません。だからといって自分がどれくらいの金額の家を購入できるか気にはなるところ。そのときに目安となるのが年収の6倍くらいまで、というもの。自分の年収が400万円なら2400万円くらい。これ以上の物件を購入しようとするときは注意が必要です。そもそも無理な買い物をしようとして個人信用情報に傷をつけてしまっては本末転倒です。なので目安ですが上記のようにある程度は目安として参考にしてもいいでしょう。では絶対2400万円以上の家が買えないかというとそうではありません。住宅ローンには金融機関によっても様々な商品があって条件さえそろえば目安以上の家も買えるかもしれません。例えば収入合算、親子ローン、頭金の大小、連帯保証人の有無など。これらは条件として揃えば有利に融資が申し込める可能性があります。まずは年収の6倍という目安で検討してみてもいいかもしれません。

住宅ローンにあたっての注意事項
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/21 16:39

住宅ローンを借りるにあたって申込人の経済状況をみるのは先述しましたが経済状況がただ単に良いからと言って必ず住宅ローンの審査に通るかというとそうではありません。住宅ローンの審査に通るには住宅ローンを借りようとする申込人の動機も非常に大切です。申込人の動機が合理的でなければもちろん審査には通りません。住宅ローンを借りて家の隅っこでお店をやりたい、家が手に入ったら学習塾をやってみたい、ピアノ教室をやりたい、一階で飲食店を経営してみたい、等々これらはすべて動機としたら不適切であり、審査には通りません。住宅ローンの動機はそれぐらい重要なのです。また、お店をやらないからと言って住宅ローンが通る、ということもありません。なので動機はそのくらい重要なのです。住宅ローンを借りて住まいを手に入れる人達の状況は一人ひとりすべて違います。だから動機が重要なのです。辻褄の合わない動機を説明したところで住宅ローンの審査はそう簡単ではないのです。中には住宅ローンを借りて親族に住まわせる、といった方もいますし、法人から個人に借り換えする人もいます。この時に金融機関によっては審査に落ちることになりますので気を付けなければいけません。だからこそ、自分に合った金融機関を選ぶことが大切なのです。自分に合わない金融機関を選んでしまい、わざわざ審査に落ちてしまい個人信用情報を悪くしても仕方ありません。住宅ローンを検討する際はしっかりとした動機をつたえるようにしましょう。

住宅ローンにあたっての注意事項
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/19 19:43

住宅ローンの審査を無事に通したい、というのは誰しもが思うもの。

しかしその審査の内容は結構秘匿にされていて
制度やシステムはあまり外に漏れない。
そこで住宅ローンの審査に落ちる人の
特徴をいくつか挙げてみたいと思います。

しかしその審査の内容はけっこう秘匿にされていて制度やシステムはあまり外に漏れない。そこで住宅ローンの審査に落ちる人の特徴をいくつか挙げてみたいと思います。まずは過去のコラムでも書きましたがクレジットカード等の支払いに遅れが生じている方はかなり難しいということになりますが絶対通らないか、というとそうではありません。その遅れて支払ったのはいつか、そして支払いが遅れたとわかった時にすぐに対応したか、その辺も考慮されます。あと、消費者金融から借りている方。所謂サラ金ですね。これはどこの金融機関でも嫌う傾向があります。あと運転免許証が何度も再発行を受けている方。これも金融機関は嫌う傾向があります。何度も運転免許証を再発行をしているということは自己管理ができていない、ということでしょうか。また他に高額な商品を購入している方。これはそもそも生活を圧迫している可能性があるのでやはりこれも金融機関が融資を通しません。住宅ローンの借りて生活がままならないということは住宅ローンのそもそもの制度に合致していない。住宅ローンを借りて生活を安定させる、という目的なのに住宅ローンを借りたら破綻してしまっては本末転倒です。
人それぞれ生活水準というものがありますが、
その生活水準に合わなければ当然審査は通らないでしょう。
しかもその理由は開示してくれません。
なので日々の生活を無理なく過ごす事が大切です。

住宅ローンにあたっての注意事項
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/17 09:55

住宅ローンを申し込むにあたって日々の様々な支払いを滞りなくしてもらうのは当然として過去の支払い状況も審査対象になることはご存知でしょうか。過去といっても何年過去まで遡ればいいのでしょうか。これは審査する金融機関にもよりますが間違いなく年単位で遡ります。年単位とは1.2年ではありません。すくなくとも5年間は遡って審査されます。
ということは最低でも5年間は日々の支払いを遅れることなく払っていることが求められるのです。5年間というとかなり長い、と思うでしょうが審査機関はたった5年間、と考えているということです。通常住宅ローンは35年を基本としてますので、たった5年間の支払いを遅滞なくできない人に35年間の住宅ローンの支払いはできない、と考えるのが通常です。いまから過去に遡って携帯電話やクレジットカードの支払いに遅れていたなと認識がある人はその遅れて支払った時がいつ頃だったかを考えましょう。もしそれが1.2年前なら要注意です。また、複数回遅れている場合もこれも審査に通らない一つの原因になります。なので日々の支払いは遅れることなくコツコツと支払っていくことが大切なのです。もし直近で遅れて支払ったという方は少し待った方がいいかもしれません。いたずらに住宅ローンの審査をすることは止めた方がいいでしょう。金融機関によってはこの審査する過去の支払い状況を過去7年間まで調べるところもあるのです。お金を貸す時になるべくきちんと返してくれる人に貸したい、というのは誰しも考えると思います。いつも携帯電話の支払いを遅れて払っている人にお金は貸さないと思います。それと一緒なのです。小さいことをまじめにコツコツとやっている人に大きな買い物をするときに融資が得られるということなのです。この過去の支払い状況を確認できない、もしくはどうやって確認したらいいかわからない方は弊社までお問い合わせください。

リフォームする時に注意しておく事
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/16 18:04

今回皆様が是非知っておいた方がいい事をお教えします!

リフォームする時、簡易的なリフォームではなく
下地からリフォームを行う際、意外と知らない注意点が
潜んでいる事をご存じではないと思います。
それは何かというと「害虫」です。

普段生活していれば誰もが見たことあるゴキブリ。
中には、自分の家で一回も見たことがない方もいると思います。
リフォームと害虫の何が関係しているのか。
冒頭でもお伝えした、”下地”からリフォームするという事は
工事中、隙間が出来る機会があるという事です。
実際に、工事は昼間に行われるのが普通です。
という事は、工事途中の夜間は、害虫にとって絶好のタイミングなのです。
特に、ゴキブリはどんな隙間にも入り込む習性があるのでとても厄介です。
じゃあ、リフォーム諦めよう…
まだ諦めないでください!!
しぶといゴキブリを完全に駆除するのは中々現実的じゃありません。
ただ対策方法はいくつかあります。
そちらをご紹介したいと思います。

物を移動する際は、段ボールを使用したり、そのまま使わないからと
段ボールのまま収納にしまったりしますよね。
段ボールは出来れば全て廃棄してください!
一番繁殖しやすい場所を与えてしまう事になります。
後は、エアコンの排水ホースからの侵入です。
ほとんど触らない所ですが、排水ホースの先にホームセンター等で売られている
ホース用キャップを付けると侵入防止になります。
後は、普段の生活で換気をしっかり行って湿気を取り除きましょう。
そういった工夫で、マイホームを少しでも綺麗に保つ方法です。

リフォームだけじゃなく色んな観点からお客様の不安を解消します!
悩んだら、まずは弊社にご連絡ください!!

リフォームする時に注意しておく事
カテゴリ:不動産コラム  / 投稿日付:2024/02/13 17:47

前回リフォームで注意する点で「壁紙」を紹介しました。
内装をリフォームする時は色んな事に注意をしていかなければなりません。
今回はキッチンについてご紹介していきます。
皆さんはキッチンと聞くとどういった形を想像しますか?
一番よく見るのが、ガステーブルというものを自分で買って
置くタイプを想像すると思います。
最近では、その形態も少なくなり現在は「システムキッチン」が
主流になってきました。
大体新築の家に導入されるのが、このシステムキッチンです。
システムキッチンとは、収納、調理場、洗浄設備など各設備を一体に纏めて
空間の有効活用、デザイン性、用途性が機能的なキッチンの事です。
これにすると何が利点なのか。
皆さんは調理している時、食材がコンロの奥にいってしまったり
少しの段差で調味料を倒したりという経験ございませんか?
しかし、システムキッチンだと段差がほぼ無くガスコンロも
ビルトインコンロなので隙間がなく食材などが落ちるストレスもなくなります。
リフォームをする時はしっかり機能性、便利性を重視し、デザインだけで
決めない様に心がけましょう。
元のキッチンからシステムキッチンへ変更することも可能です。
ガス会社、設備工事、材料からちょっとした施工まで。
弊社は色んな用途に応じて、お客様の要望に寄り添っていく
自社施工も近年力を入れております!!
相談や、お見積りでも構いません!
リフォームしたいと思った時は、SEIKEI住宅を思い出してください!
まずはお手元の携帯でお電話ください!お待ちしております!!

 1 2 3 > 

ページの上部へ